何だか、大事なもののイメージがあります。土地の権利書

何だか、大事なもののイメージがあります。土地の権利書

土地の権利書といえば、大切なものであると、多くの人がなんとなく思うでしょう。それでは、土地の権利書とは具体的にどういったものなのでしょうか?権利書とは、一般的に、その不動産について、現在有効な所有権を登記した際に発行される登記済証のことを言います。不動産登記を行うとき、登記済証は「登記済」と赤く捺印されて持ち主の下に戻されます。この印のある登記済証が、その不動産の権利を誰が有するかということを証明するのに使われます。

その不動産の所有権は誰に属するのかということを調べる際は、法務省でその時最新の登記簿謄本を取得し、その時有効な登記の受付日と受付番号を調べましょう。その受付日と受付番号が記されている登記済証が、その時有効な不動産の権利書ということになります。

土地といえば所有者にとっては大きな財産となり、その権利書はその所有権がその人に属する事を証明するための書類ですので、とても貴重なものであるというイメージが一般的に浸透していますが、それがどういった仕組みでどの様な効力があるか、どうやって交付を受けるかなどについての知識を詳しく知っている人は多くないでしょう。ここでは、そんな土地の権利書についてご紹介します。

何だか、大事なもののイメージがあります。土地の権利書

変貌を遂げてきた権利書の基礎知識

土地の権利書の歴史とは?

権利書が「保証書」の役目もしていた

権利書=保証書でした。

土地の権利書とは?

何だか、大事なもののイメージがあります。土地の権利書変貌を遂げてきた権利書の基礎知識権利書が「保証書」の役目もしていたサイトマップ